いま、自社の財務状況が「よくわからない」方

私たちの力をより“効果的に”利用していただくために

毎日の営業活動の成果をまとめたり、財務データを帳簿に記入したりする作業は、非常に重要な作業であると同時に、なかなか面倒な業務のひとつでもあります。業務の忙しさも相まって、これらの作業自体を税理士に「丸投げ」しておられる方もいらっしゃいますが、それによって発生する問題もあります。情報の整理を他人に任せることによって自社内のお金の動きが見えにくくなり、結果として財務状況がよくわからなくなるという問題です。

お金の流れやその連動性、日々の推移を理解することは、「自社を理解すること」にほかなりません。財務の数字をリアルタイムに把握できていなければ、迅速で的確な経営判断を下すことはできませんし、具体的な目標を見出すことも難しくなってしまいます。

とはいえ、仕分け作業や入力作業などには時間と労力がかかります。人手が足りないというお声も耳にします。そこで私たちは、最先端の会計ソフトを駆使して極力負担なくお客様自身で経理作業を進めるための方法をご提案しています。

会計ソフトなどを使い、効率的に経理事務を自社内でこなすことによって得られるメリットはいくつもあります。

自社の財務情報を把握できる


自社内で数字を管理することによって、経営判断や将来予測、ビジョン構築に必要な財務情報を把握しておくことが可能になります。外部に記帳代行などを依頼した場合、欲しいタイミングで情報を得ることができない場合もあります。


経理担当の負担やミスを軽減できる


会計ソフトへの入力によって数字を管理すれば、手書きで帳簿を管理する必要はありませんし、入力したデータを場面によって流用できますから、記入漏れ、ご入力などのミスが発生する機会を減らすことにもつながります。


税理士が経営助言など割く時間が増える


担当税理士が事務的な作業に追われることが少なくなり、限られた時間をより効果的に御社のために使うことができるようになります。ご相談を受けたり、経営についてのアドバイスをさせていただいたりする時間の割合は確実に増えます。


私たちは、税理士のポテンシャルを余すところなく活用していただき、素早く、堅実な経営判断につなげていただくために、最適な経理事務のスタイルをご提案していきます。